環境宣言


TEAS(鳥取県版環境管理システム登録制度)

平成20年4月23日 TEAS(鳥取県版環境管理システム審査登録制度) Ⅱ種に登録されました。

Tottori prefecture Environmental Audit and Scheme
(鳥取県)       (環境)       (監査)    (計画)

TEAS(鳥取県版環境管理システム審査登録制度)とは?

企業や学校、家庭などを対象に、一定の仕組みのもと環境に影響を与えないよう配慮した活動が継続して行なわれていることを確認し、登録する制度。

環境宣言

Ⅰ 基本理念

  1960年代、アメリカの建築家・デザイナーで思想家でもあるバックミンスター・フラーは、「宇宙船地球号」について、「我々は、すでに手にしている科学力と技術力を適切に使えば、すべての人類を幸せにすることが可能である」と述べました。しかし半世紀が経過した現在、すでに地球にかかる負荷は限界を超え、作家・政治学者のダグラス・スミスは現在の地球号を「氷山に向かっているタイタニック号」に喩えています。
 このような状況の下で、次の世代を担う高校生が、今この時期に地球の環境問題に関心を深め、環境保全のための具体的な行動を行っていくことは、これからの地球のために、さらには生徒一人ひとりのために極めて重要なことと考えます。
 このため鳥取中央育英高等学校は、鳥取県版環境管理システムを導入し、日々の実践を通じて地球環境の保全のために積極的に行動します。

Ⅱ 基本方針

(1) 環境教育の充実に努めます。
(2) 紙・水・電気の使用を減らし省エネルギーを推進します。
(3) 廃棄物の減量化に努めます。
(4) 環境に関する法規等を遵守し、環境汚染の予防に努めます。
(5) 環境改善目標を設定し、その達成に向けての活動を進めていきますが、
   目標及び活動の内容については、社会情勢に応じて定期的に見直しを行
   い、改善を継続させていきます。

 

この環境宣言は、全ての教職員と生徒に周知するとともに、広く一般に公表します。

制定 平成19年10月25日
改正 平成20年 3月26日                                                                                               改正 平成23年 3月26日                                                                                         改正 平成24年 3月31日                                                                                         改正 平成25年 3月31日                                                                                         改正 平成26年 3月31日

                     鳥取県立鳥取中央育英高等学校長